データ構造とアルゴリズム演習

科目ナンバリング
1090331657

担当者
○神村 伸一・長田 俊明

 
常勤
教員研究室
1407・1409
DP
1,2
配当年次
2年次・後期
授業形式
演習
授業時間
60時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

本演習は手続き型プログラム言語Cを利用し、基本データ構造(配列、リスト、キューなど)を活用するアルゴリズムの課題演習を通して実践的なプログラミング力の基礎を養う。同時にプログラミングに必要となる基本データ構造の諸概念を段階的に学ぶ。


【学習の到達目標】

一連のソフトウェア開発手順を理解しながらプログラムを作ることができる。
構造化プログラミング手法(段階的な機能詳細化、機能分割、分割コンパイル)に即したプログラム開発ができる。構造化チャートPAD、疑似言語等を利用してアルゴリズムの図式表現や文書化ができる。C言語のプログラミングにおいて配列や構造体、ポインタ、ファイル処理、コマンドライン入力と動的メモリ確保のコードを実装することができる。


【成績評価方法】

成績は受講姿勢 30% と課題レポート提出物 70% の観点と重みで総合評価する。

【課題等のフィードバック方法】

第1週〜第5週は演習の感想などを一括してまとめ、必要に応じて教員コメントを付けて翌週以降に配布する。第6週〜第15週は演習課題終了毎(二週1テーマ)にPADの模範解答例を提示する。


【履修上の注意・予習・復習について】

ただし正当なやむを得ない理由で遅刻や欠席等の場合は事前事後に関わらず担当教員まで連絡すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

情報処理技術者試験(国家試験)の午後の試験の出題範囲である「ソフトウェア設計」と「ソフトウェア開発」に必要となるC言語のプログラミング能力を養うことができる。
システム開発企業でシステム開発の経験を有する教員が、その経験を活かしてデータ構造とアルゴリズムの設計方法と実装方法の演習を指導する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1神村 伸一・長田 俊明ガイダンス及びウォームアップ演習UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
2神村 伸一・長田 俊明ポインタと文字列処理1UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
3神村 伸一・長田 俊明ポインタと文字列処理2UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
4神村 伸一・長田 俊明構造体UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
5神村 伸一・長田 俊明ファイル処理とコマンドライン処理UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
6神村 伸一・長田 俊明課題1「じゃんけんゲーム (1/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
7神村 伸一・長田 俊明課題1「じゃんけんゲーム (2/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
8神村 伸一・長田 俊明課題2「予約システム1 (1/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
9神村 伸一・長田 俊明課題2「予約システム1 (2/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
10神村 伸一・長田 俊明課題3「予約システム2 (1/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
11神村 伸一・長田 俊明課題3「予約システム2 (2/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
12神村 伸一・長田 俊明課題4「予約システム3 (1/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
13神村 伸一・長田 俊明課題4「予約システム3 (2/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
14神村 伸一・長田 俊明課題5「銀行預金システム(1/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
15神村 伸一・長田 俊明課題5「銀行預金システム(2/2)」UNIPAに掲載している学習テーマのテキストを予習し、授業の演習内容を復習すること。60
教科書
資料等を配付する。
参考書
プログラミング基礎演習Ⅰ・同Ⅱの教科書
備考
必修科目である プログラミング基礎演習I、プログラミング方法論I、プログラミング方法論II の履修に加え プログラミング基礎演習II を履修していることが望ましい。