哲学

科目ナンバリング
1100211610

担当者
川﨑 惣一

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
2
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

この授業では、西洋の哲学における主要なテーマを取り上げ、そのテーマについて理解を深めるために必要な哲学史的な知識について概説します。
西洋哲学史上、重要な哲学者や思想を紹介する形をとりますが、単なる歴史上の人物や思想としてではなく、現代において思考を深めるために必要なツールとして捉えてもらえればと思います。


【学習の到達目標】

西洋哲学史における主要なテーマについて学ぶことによって、現代に生きる私たちが哲学的な問題についての考えを深めるうえで必要な知識を身につけ、自分なりの考えや意見を持つことができるようになる。


【成績評価方法】

2回の記述テスト(45点×2)+平常点(毎回提出するワークシート(10点))、以上の合計で評価します。授業中のテストに欠席した場合は、自分から申し出て、テストに代わる課題を提出してください。

【課題等のフィードバック方法】

テスト終了後、テストの解説を行います。また、中間テストは採点後にコメントをつけて返却します。


【履修上の注意・予習・復習について】

正当な理由があってやむをえず欠席する場合は、必ず欠席届を提出すること(書式自由・後日でOK)。
正当な理由なく6回以上欠席した場合は単位を認めませんので注意してください。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

哲学を学ぶことを通じて「考える力」を身につけることは、人生のあらゆる場面で役に立ちます。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1川﨑 惣一イントロダクション/「哲学する」とはどういうことか「哲学とはどのような学問か」について復習しておくこと240
2川﨑 惣一知識の哲学(1) 確実な知識とはどのようなものか授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
3川﨑 惣一知識の哲学(2) 解釈がいっさい含まれない知識はありうるか授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
4川﨑 惣一科学の哲学 科学は十分に客観的か授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
5川﨑 惣一言語の哲学 言語の意味とは何か授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
6川﨑 惣一精神の哲学(1) 「私」とは何か授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
7川﨑 惣一精神の哲学(2) 人格とは何か授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
8川﨑 惣一これまでのまとめ/中間テストテストの準備として、ここまでの内容を復習しておくこと240
9川﨑 惣一宗教の哲学 私たちはなぜ宗教を必要とするのか授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
10川﨑 惣一道徳の哲学(1) 道徳は何のためにあるのか授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
11川﨑 惣一道徳の哲学(2) よい人生とはどのようなものか授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
12川﨑 惣一自由意志の哲学 自由とは何か授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
13川﨑 惣一政治哲学(1) なぜ国家が必要なのか授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
14川﨑 惣一政治哲学(2) 正義にかなった社会とはどのような社会か授業の復習として、授業で学んだ内容について自分なりの意見をまとめておくこと240
15川﨑 惣一全体のまとめ/学期末テストテストの準備として、ここまでの内容を復習しておくこと240
教科書
使用しません。毎回、プリントを配布します。
高校の「倫理」の教科書や用語集があると非常に便利です。
参考書
『倫理用語集』、山川出版社。
それ以外は、授業中に指示します。
備考
原則として追試験・再試験は行いません。