基礎生物学

科目ナンバリング
1100211615

担当者
鎌田 真裕

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
2
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

身の回りの生き物やそれらを取り巻く環境に注目し、それらの問題や課題について、各プログラムでテーマを設定し、学生にワークショップ形式で討議してもらい、その結果を代表者に発表してもらいます。


【学習の到達目標】

単に知識の習得を目指すのではなく、生き物や環境を通じて学生に考える力を付けてもらうことを目標とします。


【成績評価方法】

1. 平常点(授業姿勢、発表等)40%
2. 定期試験 60%

【課題等のフィードバック方法】

講義全般にわたりテーマを与え学生にはグループごとの討議をしてもらい、代表者にその結果を発表してもらいます。その際、講師の考え方や補足する事項等を講義しています。


【履修上の注意・予習・復習について】

ワークショップを行う場合は、前の回に次回のテーマ等を伝えますので、各自、図書、インターネット等で予め調べ自分の考えをある程度整理してくること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

本授業では、生物多様性、生態系等の講義を通して、教師の質問に対して単に回答するようなことだけではなく、各自の考えを踏まえ皆の意見を集約していけるような協調性を学んでもらいます。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1鎌田 真裕授業計画、グループワーク等の説明ワークショップの事例を予め調べ、利点等を理解した上で授業に臨むこと。講義後は、シラバス全体の概要を理解するように努めること。240
2鎌田 真裕野生生物と人とのつながりについて(グルワーク)① 第1回講義終了時に予めグループワークのテーマを教えるので、関連する知識を調べておくこと。
発表された様々な意見等の復習に努めること。
240
3鎌田 真裕野生生物と人とのつながりについて(グルワーク)②第2回グループワークの続きを行いますので、発表された様々な意見等の復習に努めること。240
4鎌田 真裕生物多様性に関する映像鑑賞後、グループワーク①第3回講義終了時に予めグループワークのテーマを教えるので、関連する知識を調べておくこと。
発表された様々な意見等の復習に努めること。
240
5鎌田 真裕生物多様性に関する映像鑑賞後、グループワーク②第4回グループワークの続きを行いますので、発表された様々な意見等の復習に努めること。240
6鎌田 真裕生物多様性の意義、危機的な状況等について整理生物多様性に関するグループワークで出た様々な意見を改めて整理しておくこと。生物多様性の意義等について復習すること。240
7鎌田 真裕身近な野生生物に関する生態系についてグループワーク①予め身近な野生生物に関する生態系を想定しておくこと。生態系に関するグループワークで出た様々な意見を改めて整理すること。240
8鎌田 真裕身近な野生生物に関する生態系についてグループワーク② 第7回グループワークの続きを行いますので、グループワークで出た様々な意見を改めて整理すること。240
9鎌田 真裕貴重動植物に関する映像鑑賞後、グループワーク①貴重な生き物たちについて予め予習し、貴重動植物に関するグループワークで出た様々な意見を改めて整理すること。240
10鎌田 真裕貴重動植物に関する映像鑑賞後、グループワーク②第9回グループワークの続きを行いますので、グループワークで出た様々な意見を改めて整理すること。240
11鎌田 真裕貴重動植物の保護保全について整理貴重動植物に関するグループワークで出た様々な意見を改めて整理しておくこと。その上で貴重動植物の保護保全について復習し理解すること。240
12鎌田 真裕生態系・生物多様性を考慮した震災復興①震災の自然環境への影響について、予め調べ、その上で生態系・生物多様性を考慮した震災復興について復習し理解すること。240
13鎌田 真裕生態系・生物多様性を考慮した震災復興②生態系・生物多様性を考慮した震災復興について予習復習し理解すること。240
14鎌田 真裕基礎生物学におけるトピック①生物学の歴史について予め調べ、生命とは何か、細胞の研究から再生医療につながる幹細胞の発見等の生物学の歴史を復習し理解すること。240
15鎌田 真裕基礎生物学におけるトピック②生命とは何か、細胞の研究から再生医療につながる幹細胞の発見等の生物学の歴史を予習復習し理解すること。240
教科書
無し
参考書
特に無し
備考
無し