基礎数学Ⅱ

科目ナンバリング
1100211618

担当者
伊藤 朋幸

 
非常勤
教員研究室
非常勤講師室
DP
1
配当年次
2年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

指数関数、対数関数、三角関数について学習する。今後の専門科目を学ぶために最低限必要な数学を学習する。


【学習の到達目標】

数学的なものの考え方と今後の勉強に必要な数学的処理を身に付けることができる。


【成績評価方法】

定期試験(60%程度)、提出課題(30%程度)および、普段の授業態度(10%程度)で評価する。

【課題等のフィードバック方法】

課題(レポート)については提出されたものを点検し、早めに返却する。課題の出来具合を見て、理解が不十分と思われるものについて、適宜講義の中で解説する。


【履修上の注意・予習・復習について】

教科書やノートを利用してしっかりと復習をし、講義の内容の理解に努めること。課されたレポートはしっかりとやって、定められた期日までに提出すること。授業で疑問点があれば質問などして早めに解決すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

数学はこれから学ぶ様々な学問の基礎となるものである。講義を通して、数学的なものの考え方や知識の整理の仕方を学ぶことが出来る。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1伊藤 朋幸ガイダンス、指数法則シラバスの内容をよく読んで授業概要を確認しておくこと。授業後は指数法則についてしっかりと問題演習をして復習すること。240
2伊藤 朋幸累乗根、指数の拡張累乗根、指数の拡張について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は累乗根、指数の拡張についてしっかりと問題演習をすること。240
3伊藤 朋幸指数関数のグラフ、指数方程式の解法指数関数のグラフ、指数方程式の解法について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は指数関数のグラフ、指数方程式の解法についてしっかりと問題演習をすること。240
4伊藤 朋幸指数から対数へ対数について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は対数についてしっかりと問題演習をすること。240
5伊藤 朋幸対数の計算規則と計算練習対数法則について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は対数の計算規則と計算練習についてしっかりと問題演習をすること。240
6伊藤 朋幸対数関数のグラフ対数関数のグラフについて教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は対数関数のグラフについてしっかりと問題演習をすること。240
7伊藤 朋幸底の変換公式とその使い方艇の変換について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は底の変換公式と対数方程式の解法についてしっかりと問題演習をすること。240
8伊藤 朋幸指数関数・対数関数の問題演習これまでの授業で疑問点があれば質問などして早めに解決すること。授業後はしっかりと問題演習をすること。240
9伊藤 朋幸三角比、弧度法三角比、弧度法について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は三角比、弧度法についてしっかりと問題演習をすること。240
10伊藤 朋幸一般角、三角関数の定義一般角、三角関数について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後はしっかりと問題演習をすること。240
11伊藤 朋幸三角関数の値、三角方程式の解法三角関数の値、三角方程式について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は一般角、三角関数についてしっかりと問題演習をすること。240
12伊藤 朋幸三角関数のグラフ三角関数の不ラフについて教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は三角関数のグラフについてしっかりと問題演習をすること。240
13伊藤 朋幸三角関数の種々の公式三角関数の公式について教科書を読んで授業に臨むこと。授業後は三角関数の種々の公式についてしっかりと問題演習をすること。240
14伊藤 朋幸三角関数の問題演習これまでの授業で疑問点があれば質問などして早めに解決すること。授業後はしっかりと問題演習をすること。240
15伊藤 朋幸総合演習とまとめこれまでの授業で疑問点があれば質問などして早めに解決すること。授業後はしっかりと問題演習をすること。240
教科書
石村園子著 大学新入生のための数学入門[増補版]
参考書
高校で使った数学の教科書
備考
特になし