環境数理基礎B

科目ナンバリング
1100321631

担当者
○須藤  諭・福井 啓太

 
常勤・非常勤
教員研究室
1318
DP
1,4
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

建築環境技術に関わる数理的基礎要素として、三角関数、指数、対数等について学ぶとともに、実務的数理としてコンピュータの表計算ソフトを利用して、非言語数理の基礎について演習課題を多く採り入れた実践的授業によって学ぶ。


【学習の到達目標】

「環境数理基礎A」と併せることで、環境技術に関わる数理的基礎知識を基礎セミナー、卒研セミナー、卒業研修等に役立つ実践技術として修得する。


【成績評価方法】

出席状況(20%)、授業内演習(20%)、定期試験(60%)等の結果を総合評価する。

【課題等のフィードバック方法】

毎回の授業における演習課題については解答を提出させ、次回授業において解説を行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

遅刻は2回で欠席1回として扱う。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

「環境数理基礎A」と併せることで、環境技術に関わる数理的基礎知識を基礎セミナー、卒研セミナー、卒業研修等に役立つ実践技術として修得することができ、建築環境分野に必要な数理を理解することができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1須藤  諭環境基礎数理1:三角関数(1)予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
2須藤  諭環境基礎数理2:三角関数(2)予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
3須藤  諭環境基礎数理3:指数と対数(1)予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
4須藤  諭環境基礎数理4:指数と対数(2)予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
5須藤  諭環境基礎数理5:基本統計量の扱い、他予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
6須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理1:入力法・合計関数予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
7須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理2:参照・平均予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
8須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理3:条件集計予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
9須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理4:条件検索・引用予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
10須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理5:データの可視可1予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
11須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理6:データの可視可2予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
12須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理7:データの可視可2予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
13須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理8:条件計算1予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
14須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理9:条件計算2予習:講義内容に関する配布資料を熟読しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する
240
15須藤  諭・
福井 啓太
表計算数理10:複合課題予習:期末試験に向けて疑問点を整理しておく。
復習:講義内容に関するレポートを作成する。
240
教科書
担当教員作成の独自の指導用資料を配布する。
参考書
特に指定しない。指導の過程で紹介する。
備考
問合せ先:須藤諭