建築法規Ⅰ

科目ナンバリング
1100321635

担当者
○野﨑 淳夫・溝畑 康治

 
常勤・非常勤
教員研究室
1311
DP
1,3,4
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

建築物は関係する法令を守らなければ建築することができない。その基本となる法律が、建築基準法であるが、本法は国民の生命、健康、財産の保護のため、建築物の敷地、設備、構造、用途についてその最低の基準を定めたものであり、本法に照らし合わせて、建築物を設計し、施工する必要がある。この講義では、建築基準法の中での基本事項について解説していく。


【学習の到達目標】

ここでは建築物を設計・施工・維持管理する上で必要な基礎知識を学ぶ。この知識によりより安全な建築物が誕生することを法規制の側面から学ぶ。


【成績評価方法】

・出席および演習課題の提出(50%)
・学期末試験(50%)

【課題等のフィードバック方法】

最終講義で全体に対するフィードバックを行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

・講義の際に演習課題を提示するが、未提出者は欠席扱いとなる。
・ノートには要点をまとめておくこと。板書の転記だけでは対応できない部分がある。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

建築法規を習得することで、建築物の設計段階での留意点(高さ、面積、動線、換気、採光、防火、避難・・・など)が理解でき、施工段階での監理業務の要点が理解できる。
建築設計事務所において設計・監理、施工管理業務経験のある教員が、建築物を設計・建設するために守らなければならない基礎的な法規を講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1野﨑 淳夫建築基準法の概要:法令の構成・形式・法令用語等 教科書、配布資料で「建築基準法の概要」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
2野﨑 淳夫建築申請:確認申請・検査・指定確認審査機関・適用外建築物教科書、配布資料で「建築申請」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
3野﨑 淳夫建築基準法の用語定義(1):建築物・設備・居室・主要構造部等 教科書、配布資料で「建築基準法の用語定義」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
4野﨑 淳夫建築基準法の用語定義(2):敷地・面積・高さ等 教科書、配布資料で「建築基準法の用語定義」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
5野﨑 淳夫建築物の室内環境(1):居室の採光 教科書、配布資料で「建築物の室内環境」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
6溝畑 康治建築物の室内環境(2):居室の換気・シックハウス等教科書、配布資料で「建築物の室内環境」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
7溝畑 康治建築物の構造基準:居室・地階・界壁・階段等 教科書、配布資料で「建築物の構造基準」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
8溝畑 康治建築物の設備基準:便所・給排水設備・電気設備等 教科書、配布資料で「建築物の設備基準」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
9溝畑 康治建築物の形態制限(1):都市計画区域・用途地域・防火地域・準防火地域等 教科書、配布資料で「建築物の形態制限」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
10溝畑 康治建築物の形態制限(2):容積率教科書、配布資料で「建築物の形態制限」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
11溝畑 康治建築物の形態制限(3):建ぺい率 教科書、配布資料で「建築物の形態制限」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
12溝畑 康治建築物の形態制限(4):道路斜線 教科書、配布資料で「建築物の形態制限」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
13溝畑 康治建築物の形態制限(5):隣地斜線・北側斜線教科書、配布資料で「建築物の形態制限」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
14溝畑 康治建築物の形態制限(6):防火地域・準防火地域等 教科書、配布資料で「建築物の形態制限」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
15溝畑 康治その他の地域地区:特例容積率適用地区・高度地区・景観地区等教科書、配布資料で「その他の地域地区」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
教科書
「図説 やさしい建築法規」学芸出版社
参考書
「基本 建築基準法関係法令集」建築資料研究社
備考
適宜、資料を配布する。
問い合わせ先:野﨑淳夫(1311教員研究室)