構造力学Ⅰ

科目ナンバリング
1100321637

担当者
一條 佑介

 
常勤
教員研究室
1313教員研究室
DP
1,4
配当年次
1年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

建築構造力学の導入として、構造物の力のつり合いの計算と応力図の表現が身につくように、繰り返しトレーニングするための講義である。
水平・同一素材の単純梁と片持ち梁に限定して、反力とモーメントならびにせん断を求める方法を学ぶ。あわせてトラスを題材にして、軸力を求める方法を学ぶ。


【学習の到達目標】

構造物の力学モデルを理解し、単純梁、片持ち梁、トラス構造における力のつり合いと各応力を算出する方法を身につける。


【成績評価方法】

出席・小テスト50%、定期試験50%。

【課題等のフィードバック方法】

最終講義で全体に対するフィードバックを行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

毎回小テストを行うので、復習をして講義に臨むこと。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

構造力学を習得するための基礎的知識と力学的センスを身につけることができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1一條 佑介構造力学に必要な数学教科書、配布資料で「構造力学に必要な算術計算」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
2一條 佑介力のつり合い教科書、配布資料で「力の基礎、力の釣り合い」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
3一條 佑介構造物の力学モデルの理解教科書、配布資料で「構造物のモデル化」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
4一條 佑介片持ち梁・単純梁の反力1教科書、配布資料で「構造物の反力」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
5一條 佑介片持ち梁・単純梁の反力2教科書、配布資料で「構造物の反力」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
6一條 佑介曲げモーメントの理解教科書、配布資料で「曲げモーメント」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
7一條 佑介曲げモーメント図教科書、配布資料で「曲げモーメント」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
8一條 佑介せん断応力・軸力の理解教科書、配布資料で「せん断応力・軸力」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
9一條 佑介せん断応力図・軸力図教科書、配布資料で「せん断応力・軸力」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
10一條 佑介応力計算演習教科書、配布資料で「応力計算」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
11一條 佑介トラスの理解教科書、配布資料で「トラスの考え方」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
12一條 佑介トラスの解法1教科書、配布資料で「トラスの図解法」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
13一條 佑介トラスの解法2教科書、配布資料で「トラスの切断法」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
14一條 佑介トラス計算演習教科書、配布資料で「トラス計算」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
15一條 佑介総合演習教科書、配布資料、各自のノートなどで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
教科書
「図説やさしい構造力学」浅野清昭 学芸出版社
参考書
特に指定しない。
備考
適宜、資料を配布する。
問い合わせ先:一條佑介(1313教員研究室)