建築環境工学Ⅱ

科目ナンバリング
1100331640

担当者
野﨑 淳夫

 
常勤
教員研究室
1311
DP
1,4
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

建築環境工学では、建築物におけるより良い環境を実現する内容を扱うが、2009年度から一級建築士試験において、本科目が別途「建築環境・設備」として新設されるなど、その重要度が高まっている。
ここでは、1年時の「建築環境工学Ⅰ」では取り上げなかった、熱環境、空気環境の仔細を履修する。人は1 日の約90%を室内で過ごすため、室内の温熱や空気質が人に与える影響は極めて大きいが、ここでは、室内環境の構成要因の中で重要な二つの領域について、詳しく学ぶ。


【学習の到達目標】

建築物において、温熱環境と空気環境が如何にして構成されるか、或いは空調設備と換気がこれらにどのような効果をもたらすかについて具体的に学ぶ。
また、人の健康と室内環境との関わりを学び、健康で快適な住環境を創造するための基礎知識の習得を目標とする。


【成績評価方法】

受講状況:20[%]、定期試験:50[%]、レポート:20[%]、小テスト:10[%]

【課題等のフィードバック方法】

最終講義で全体に対するフィードバックを行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

講義開始から20 分以上遅れてきた場合は、遅刻扱いとする。 なお、遅刻2回で欠席1 回とし、講義に対する姿勢を重要視する。 使用教科書・参考書に事前に目を通し、予習しておくこと。 また、講義内容に応じた課題が与えられることがあるが、提出期限を厳守する。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

建築物における室内環境の構成が理解でき、環境構成要因と健康との関係が理解できるようになる。
建築設計事務所において設計・監理、施工管理業務経験のある教員が、建築物を設計・建設するために必要な環境工学の応用を講義する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1野﨑 淳夫室内環境とその構成要因 教科書、配布資料で「室内環境とその構成要因 」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
2野﨑 淳夫室内環境と人の健康教科書、配布資料で「室内環境と人の健康」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
3野﨑 淳夫温熱環境の構成要素(建物側要因(温熱4要素)と人側要因(着衣量、作業量))教科書、配布資料で「温熱環境の構成要素」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
4野﨑 淳夫熱の種類と処理法教科書、配布資料で「熱の種類と処理法」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
5野﨑 淳夫温熱の特徴と指標教科書、配布資料で「温熱の特徴と指標」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
6野﨑 淳夫伝熱・結露、結露防止対策教科書、配布資料で「伝熱・結露、結露防止対策」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
7野﨑 淳夫温熱環境と空調設備教科書、配布資料で「温熱環境と空調設備」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
8野﨑 淳夫空気環境の構成要素教科書、配布資料で「空気環境の構成要素」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
9野﨑 淳夫空気の特徴と指標 教科書、配布資料で「空気の特徴と指標 」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
10野﨑 淳夫汚染空気の処理法教科書、配布資料で「汚染空気の処理法」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
11野﨑 淳夫空気環境の制御手法教科書、配布資料で「空気環境の制御手法」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
12野﨑 淳夫建物の換気と換気原理 教科書、配布資料で「建物の換気と換気原理」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
13野﨑 淳夫換気方式と特徴 教科書、配布資料で「換気方式と特徴 」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
14野﨑 淳夫換気設計法教科書、配布資料で「換気設計法」に関する部分を読んで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
15野﨑 淳夫まとめ教科書、配布資料、各自のノートなどで予習する。学習内容を整理しながら復習する。240
教科書
図説やさしい建築環境、辻原万規彦監修、学芸出版社
参考書
特に指定しない
備考
問い合わせ先:野﨑淳夫(1311教員研究室)