建築計画Ⅱ

科目ナンバリング
1100331645

担当者
山本 和恵

 
常勤
教員研究室
1213
DP
1,2
配当年次
2年次・後期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

建築を計画・設計する際の、一連の「プロセス」と「考え方」、ならびに設計ノウハウの理解を目的とする。生活行為や生活者の価値観、社会制度や社会的役割、その他の建設技術、経済、法律など、様々な検討要素を勘案して、総合化するのが建築である。業務系施設や公共施設のプログラムと設計手順を解説する。


【学習の到達目標】

建築計画の基本的な「設計プロセス」を理解し設計に生かせる知識を習得する。また「専門用語」を理解し使えるようにする。思想や社会背景により設計される空間が大きく変わってくることや、その空間が社会に及ぼす大きな影響にも思いを巡らせ、深く考える姿勢を身につける。


【成績評価方法】

基本的に毎回小テストと小論文・演習等の提出を行う予定である。その2つがそろうことで出席とし、片方の提出の場合は遅刻扱いとする。開講回数の2/3以上の出席を持って、期末試験の受験資格が得られる。期末試験は60点以上を合格とする。

【課題等のフィードバック方法】

・毎回行う確認テストとその解説
・講義中の質疑


【履修上の注意・予習・復習について】

毎回、講義の開始時に小テストを行うので、その準備をして講義に臨むこと。新聞や雑誌などに目を通し日頃から情報収集につとめること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

建築計画・建築設計科目の根幹科目である

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1山本建築計画と建築設計─単位空間・ゾーニング教科書の通読240
2山本事務所ビル1─構造・設備・避難計画確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
3山本事務所ビル2─設備や面積の規模算定確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
4山本事務所ビル3─オフィスランドスケープ確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
5山本学校建築1─学校建築の変遷確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
6山本学校建築2─プログラムとプランニング確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
7山本幼稚園・保育園確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
8山本中間総括1前半7回分の内容の復習240
9山本図書館1─必要諸室とプランニング確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
10山本図書館2─プランニングの歴史的変遷確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
11山本図書館3─近年の計画の傾向確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
12山本美術館・博物館1─美術品等の管理と公開確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
13山本美術館・博物館2─近年の計画の傾向確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
14山本劇場─装置としての建築確認テストへの準備
関連図書や建築見学等
240
15山本中間総括2後半6回分の内容の復習240
教科書
「図説やさしい建築計画」深水浩 学芸出版
参考書
「コンパクト版建築設計資料集成」丸善
備考
なし