建築インテリア製図

科目ナンバリング
1100321652

担当者
○一條 佑介・二科 妃里・野﨑 淳夫

 
常勤
教員研究室
1313・1315
DP
1,2,3,4
配当年次
1年次・後期
授業形式
演習
授業時間
60時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

本講義は「ものづくり」に関わりが深く、物体の3次元的な解析能力を養う図学とその表現能力を習得する製図の基礎を学ぶ。
また、本講義では立体製作の実践体験プログラムを用意しており、これら体験を通じて、「つくること」を前提とした設計や作図の意味・意図の理解を図るものである。


【学習の到達目標】

1) 立体の図示方法についての概略を理解する。
2) 小規模建築の配置図と平面図、立面図、断面図を理解する。


【成績評価方法】

授業での課題提出状況を70%、出席状況・授業態度を30%として判断する。

【課題等のフィードバック方法】

本講義は「ものづくり」に関わりが深く、物体の3次元的な解析能力を養う図学とその表現能力を習得する製図の基礎が習得できる。


【履修上の注意・予習・復習について】

時間割時間以外に集中的な授業実施を、適宜、行なうこともある。
なお、講義時間だけで成果物の作成が間に合わない場合は、自習により進行に合わせていくことが求められる。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

建築の構成、平面図、断面図、立面図などの基本を理解する。また、模型制作技術を修得するさらに、図面の美的な魅力や、図面を見る人を意識した理解しやすい表現の工夫などに気を配る姿勢を身に付ける。
建築設計事務所において設計・監理、施工管理業務経験のある教員が、設計製図に必要な基礎的な製図法についての講義を行う。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1一條 佑介
二科 妃里
ガイダンス アイソメとアキソメ教科書、配布資料で「アイソメとアキソメ」に関する部分を読んで作成手順を予習する。アイソメとアキソメの描き方を復習する。60
2一條 佑介
二科 妃里
1消失点 透視図法作図教科書、配布資料で「一点透視図法」に関する部分を読んで作成手順を予習する。一点透視図法の描き方を復習する。60
3一條 佑介
二科 妃里
インテリア スケッチ教科書、配布資料で「インテリアパース」に関する部分を読んで作成手順を予習する。一点透視図法の描き方を復習する。60
4一條 佑介
二科 妃里
建物外観 スケッチ教科書、配布資料で「二点透視図法」に関する部分を読んで作成手順を予習する。二点透視図法の描き方を復習する。60
5野﨑 淳夫
一條 佑介
線の練習1教科書、配布資料で「線の引き方」に関する部分を読んで作成手順を予習する。線の引き方等を復習する。60
6野﨑 淳夫
一條 佑介
線の練習2教科書、配布資料で「線の引き方」に関する部分を読んで作成手順を予習する。線の引き方等を復習する。60
7野﨑 淳夫
一條 佑介
配置図教科書、配布資料で「配置図」に関する部分を読んで作成手順を予習する。配置図の描き方を復習する。60
8野﨑 淳夫
一條 佑介
平面図教科書、配布資料で「平面図」に関する部分を読んで作成手順を予習する。平面図の描き方を復習する。60
9野﨑 淳夫
一條 佑介
断面図教科書、配布資料で「断面図」に関する部分を読んで作成手順を予習する。断面図の描き方を復習する。60
10野﨑 淳夫
一條 佑介
立面図教科書、配布資料で「立面図」に関する部分を読んで作成手順を予習する。立面図の描き方を復習する。60
11野﨑 淳夫
一條 佑介
建築製図-図面完成提出教科書、配布資料で「配置図」「平面図」「断面図」「立面図」の各種詳細内容を予習する。建築製図で描く図面の種類と各図で示さなければならない情報を復習する。60
12野﨑 淳夫
一條 佑介
デザインワーク配付資料を事前に読んで「灯り」に関する部分を予習する。灯りのデザインやコンセプトをあらためて確認し復習する。60
13野﨑 淳夫
一條 佑介
製作作業予習は次週の完成・提出のための作業を行う。復習はデザインやコンセプトでの指摘を踏まえて次週に向けての作業を行う。60
14野﨑 淳夫
一條 佑介
完成・提出(灯り + A4プレゼンテーション)予習として前回指導された内容を基に「灯り」のプレゼンテーションを検討する。指導された内容を復習する。60
15野﨑 淳夫
一條 佑介
総合発表会「灯り」に関するデザインの基本を予習し、成果物の不確実な部分を復習する。60
教科書
「新しい建築の製図」学芸出版社
参考書
特に指定しない。
備考
製図用具の準備が必要である。
適宜、資料を配布する。
問い合わせ先:一條佑介、二科妃里(1313、1315教員研究室)