建築デザインⅡ

科目ナンバリング
1100441674

担当者
○山本 和恵・野津  弘

 
常勤・非常勤
教員研究室
1213
DP
2,3,4
配当年次
3年次・後期
授業形式
演習
授業時間
60時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

建築設計・製図に関わる一連の科目を総合化する設計課題に取り組む総仕上げの科目である。設計コンセプトの立案にあたっては、地域の社会情勢や環境保全、文化継承など、現代的課題を考察することも重要となる。


【学習の到達目標】

多数の条件をまとめあげる構想力、製図スキルを身につけるとともに、条件設定の背景となる法規や地域都市の基本事項を体系的知識として身につける。


【成績評価方法】

成果物の内容により評価する。
成果物が未提出の場合は単位そのものを付与しない。野津担当分の課題は50点満点、山本担当分の課題は50点満点で評価し合算する。

【課題等のフィードバック方法】

エスキスはその都度、学生1人対教員1人で対話しながら作品を修正していく過程である。設計はオリジナル性を求められるため、その過程では幾度となく個別指導が行う。最終的には講評会を行い、全員が1人1人発表し、質疑応答により議論を重ねる。


【履修上の注意・予習・復習について】

授業時間だけで成果物の作成が間に合わない場合は、自習により進行に合わせていくことが求められる。原則として健康インテリア設計、建築デザインⅠを履修していることが望ましい。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

多種多様な課題を一つのものにまとめあげる総合力が身につく。またその過程を通して、断片的な専門知識を体系化して体得することができる。
建築設計事務所の所長が、演習を分担担当する。1人1人のエスキス指導と併せて、実践実例を踏まえたミニ講義も交えて理解を深める。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1野津  弘講義のガイダンス/課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】課題出題:条件整理とプログラミング(建築計画)講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
2野津  弘課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】~プログラミングとプランニング(計画から設計へ)講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
3野津  弘課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】~プランニングエスキース・スタディ模型講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
4野津  弘課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】~プランニング・製図(平面・断面)講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
5野津  弘課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】~プランニング・製図(配置・立面)講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
6野津  弘課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】~~プレゼンテーション図面・模型作成講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
7野津  弘課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】~プレゼンテーション図面・模型作成講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
8野津  弘課題1【地方都市に建つエコロジカルな複合福祉施設】~講評会講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
9山本課題2【都市防火地域の高層事務所~設計条件の整理と設計手順1講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
10山本課題2【都市防火地域の高曹事務所】~設計条件の整理と設計手順2講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
11山本課題2【都市防火地域の高層事務所】~エスキス1講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
12山本課題2【都市防火地域の高層事務所】~エスキス2講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
13山本課題2【都市防火地域の高層事務所】~製図講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
14山本課題2【都市防火地域の高層事務所】~製図講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
15山本課題2【都市防火地域の高層事務所】~講評会講義時間内におさまらない調査、思考、作業60
教科書
「コンパクト版建築設計資料集成」丸善
参考書
適宜紹介する
備考
問い合わせ等の受付は山本まで