基礎セミナーⅠ

科目ナンバリング
1100721678

担当者
○八十川 淳・増田 豊文

 
常勤・非常勤
教員研究室
1212
DP
1,3,4
配当年次
1年次・前期
授業形式
演習
授業時間
60時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク ☑プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

本講義は、建築環境学科の学生としての基礎力を養成し、当学科での専門分野への興味関心・向学心・自発性を涵養する科目である。
具体的には、建物などの見学を通じて、学習対象物への観察眼を養い、レポート作成やプレゼンテーション能力を向上させる。
基礎演習は国語基礎力を養成する座学である。基礎力を養成する基礎演習10回については、それ以外の演習とは異なる曜日に実施する予定である。


【学習の到達目標】

自分の得た情報をレジメ・レポートとしてまとめて、論理的な話ができるようになること。


【成績評価方法】

出席状況、議論の様子、課題レポートなどで総合的に評価する。
具体的には、基礎演習:20%、出席:30%、課題レポート:20%、発表・プレゼンテーション:20%とする。

【課題等のフィードバック方法】

提出されたレポートやプレゼンテーションについて、適宜、ディスカッションを行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

適宜、担当SA教員との個別面談を行う。
見学や発表に際して、適切なマナーや態度にて実践すること。
全ての基礎演習に参加し、全ての課題を提出する必要がある。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

当学科専門分野科目への興味関心・向学心・自発性を涵養することができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1八十川 淳ガイダンス、立体構造制作 身近な構造体について調べ学習を進める60
2八十川 淳パオの建設体験伝統的な建物の構成について調べ学習を進める60
3八十川 淳建物見学1の解説と学習建物見学1に類する用途の建物について自らも事例学習を進める。60
4八十川 淳建物見学1の実施建物見学1の実施で得た内容をプレゼンテーションボード(A3)に表現する60
5八十川 淳建物見学2の解説と学習建物見学2に類する用途の建物について自らも事例学習を進める。60
6八十川 淳建物見学2の実施建物見学2の実施で得た内容をプレゼンテーションボード(A3)に表現する60
7八十川 淳建物見学3の解説と学習建物見学3に類する用途の建物について自らも事例学習を進める。60
8八十川 淳建物見学3の実施建物見学3の実施で得た内容をプレゼンテーションボード(A3)に表現する60
9増田 豊文住宅計画解説/ハウスメーカー研究身近な受託建築について調べ学習を進める60
10増田 豊文ハウスメーカー住宅の見学住宅見学で得た内容に基づき調べ学習を進める60
11増田 豊文住宅見学レポート作成/ワード操作レポート作成を通じて得た知識に基づき、関連の調べ学習を進める60
12増田 豊文建築家の住宅作品研究建築家の住宅作品について調べ学習を進める60
13増田 豊文建築家作品紹介のパワポ作成パワポ作成を通じて得た知識に基づき、関連の調べ学習を進める60
14増田 豊文建築家住宅作品研究発表会発表会の参加を通じて得た知識に基づき、関連の調べ学習を進める60
15増田 豊文住宅見学レポート作成/レポート提出レポート作成を通じて得た知識に基づき、関連の調べ学習を進める60
教科書
指定しない
参考書
指定しない
備考
指定しない