情報倫理

科目ナンバリング
111021165

担当者
神村 伸一

 
常勤
教員研究室
1407
DP
1
配当年次
1年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

本講義はビデオ教材による事例を元にデジタル情報社会で適正に行動するための基準となる考え方の確立と望ましい態度や素養を身につける。
情報の本質を考え、情報技術(IT)の原理と扱われている情報との因果関係を理解して、デジタル情報社会の特徴を学ぶ。デジタルコンテンツを利用する上で問題となる著作権について、デジタル情報の特徴を理解して法令の意義と必要性を学ぶ。情報社会における個人情報保護について、情報セキュリティ意識の向上と個人情報の適正管理の大切さを学ぶ。


【学習の到達目標】

情報活用ツール(スマホ、メールやウェブ等)を実現している情報技術と扱う情報の因果関係を理解する。デジタル情報の特徴を理解し、著作権法の意義と必要性を理解する。情報社会における個人情報保護について、情報セキュリティ意識の向上と適正管理の重要性を理解する。


【成績評価方法】

成績は出席率60%以上を評価対象とし、ミニレポート 30%、講義感想 20%、講義における課題討論 30%、最終レポート課題 20%、以上の観点と重みで総合評価する。

【課題等のフィードバック方法】

ミニレポートの解説は翌週に実施、講義の感想などは提出分を一括してとりまとめた上、必要に応じて教員コメントを付け翌週以降に返却する。


【履修上の注意・予習・復習について】

毎週、前週講義の振り返り学習を行うので前週の講義内容を確認しておくこと。やむを得ない理由で遅刻や欠席等の場合は事前事後に関わらず担当教員まで連絡すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

高度な情報社会に参画する態度やマナーを身につけることができる。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1神村 伸一ガイダンス、IDの管理1当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
2神村 伸一IDの管理2当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
3神村 伸一メールの使い方1当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
4神村 伸一メールの使い方2当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
5神村 伸一掲示板とSNS当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
6神村 伸一仮想社会への参加当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
7神村 伸一ネットの利便性と信頼性当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
8神村 伸一デジタル情報の利便性と法当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
9神村 伸一著作権1当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
10神村 伸一著作権2当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
11神村 伸一情報の管理とセキュリティ1当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
12神村 伸一情報の管理とセキュリティ2当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
13神村 伸一情報の管理とセキュリティ3当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
14神村 伸一サイバー犯罪当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
15神村 伸一まとめと最終レポート課題当該の講義内容を復習し、次週の学習テーマについて予習すること。240
教科書
2019 事例でわかる情報モラル(実教出版)
参考書
必要に応じて適宜紹介する。
備考