医用機器学概論

科目ナンバリング
1110431659

担当者
工藤 剛実

 
常勤
教員研究室
1306研究室
DP
2,3
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

医用工学の分類と領域を説明する。
医用機器を一般医療機器と管理医療機器、高度管理医療機器、特定保守管理医療機器に分類し医用機器の役割について説明する。
医用機器に用いる治療用物理エネルギーの主作用と副作用について説明する。
各種医用機器に用いられている原理や技術、動作を説明する。


【学習の到達目標】

・医用機器の役割について説明できる。
・医用機器の原理について説明できる。
・医用機器に用いる治療用物理エネルギーの治療効果について説明できる。


【成績評価方法】

定期試験を実施する(60%)。
小テストを毎回実施する(30%)。
授業中の態度や貢献度により平常点を加味する(10%)。

【課題等のフィードバック方法】

実施した小テストを翌週の授業で返却し解説を行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

科目に関連する臨床工学技士国家試験問題等を配布する。
授業に先立ち、予め教員から指示された教科書の範囲に目を通して予習しておくこと。
授業後は教科書やノートの内容を整理し、関連する試験問題を解答し理解を深めること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

医用工学及び医用機器の全体像を把握できる。
・臨床工学技士国家試験および第2種ME技術実力検定試験における医用機器学の出題範囲に関連している。
臨床工学技士として医療現場で勤務した経験から医療機器全般について担当する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1工藤 剛実医療におけるMEの意義予習:教科書を一通り読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
2工藤 剛実MEの分類と領域予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
3工藤 剛実一般医療機器予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
4工藤 剛実管理医療機器予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
5工藤 剛実高度管理医療機器予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
6工藤 剛実特定保守管理医療機器予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
7工藤 剛実種々のME機器と技術1予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
8工藤 剛実種々のME機器と技術2予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
9工藤 剛実種々のME機器と技術3予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
10工藤 剛実種々のME機器と技術4予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
11工藤 剛実種々のME機器と技術5予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
12工藤 剛実医療で用いる画像診断予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
13工藤 剛実治療に用いる物理エネルギー・作用と副作用予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
14工藤 剛実理想的な治療1予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
15工藤 剛実理想的な治療2予習:教科書を読んでおくこと。
復習:ノート整理と、関連する試験問題に取り組むこと。
240
教科書
MEの基礎知識と安全管理 改訂第6版/(社)日本生体医工学会ME技術教育委員会/南江堂/2014
参考書
臨床工学技士標準テキスト 第3版/小野哲章他/金原出版株式会社
臨床工学講座 医用治療機器学/篠原一彦他/医歯薬出版/2014 
備考
特になし