人工臓器概論

科目ナンバリング
1110431660

担当者
高橋 るみ

 
常勤
教員研究室
1121
DP
2,3
配当年次
2年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
選択 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

臨床工学技士は「生命維持管理装置」の操作が主たる業務である。「生命維持管理装置」には循環機能・呼吸機能・代謝機能の代行装置となる人工臓器が組み込まれている。それら人工臓器の基礎原理および役割について学ぶ。現在使用されている人工臓器や将来使用が期待される人工臓器について幅広く講義する。


【学習の到達目標】

循環機能・呼吸機能・代謝機能の代行装置となる人工臓器の基礎原理および役割について理解する。


【成績評価方法】

授業中小テスト(20%)、定期試験(60%)、平常点(20%)

【課題等のフィードバック方法】

小テストについて次回の授業で解説する。


【履修上の注意・予習・復習について】

講義開始時間には遅れずに入室していること。また、講義中の飲食、及び携帯電話利用等については禁止とする。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

医療現場において活躍している人工臓器や、更に今後の活用が期待されている人工臓器について幅広い知識を得ることができる。
臨床工学技士として医療現場で勤務した経験から生命に直接関係する科目を担当する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1髙橋 るみ人工臓器の歴史教科書を読んでおくこと
学習した内容を復習すること
240
2髙橋 るみ循環機能の人工臓器1:人工血管循環器系の構造と機能について予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
3髙橋 るみ循環機能の人工臓器2:ペースメーカ教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
4髙橋 るみ循環機能の人工臓器3:人工心臓教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
5髙橋 るみ呼吸機能の人工臓器1:人工肺呼吸器系の構造と機能について予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
6髙橋 るみ呼吸機能の人工臓器2:人工肺教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
7髙橋 るみ呼吸機能の人工臓器3:人工肺教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
8髙橋 るみ代謝機能の人工臓器1:人工腎臓腎臓の構造と機能について予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
9髙橋 るみ代謝機能の人工臓器2:人工肝臓肝臓の構造と機能について予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
10髙橋 るみ代謝機能の人工臓器3:人工膵臓膵臓の構造と機能について予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
11髙橋 るみ現在の人工臓器1教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
12髙橋 るみ現在の人工臓器2教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
13髙橋 るみ将来の人工臓器1教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
14髙橋 るみ将来の人工臓器2教科書の関連項目を確認し予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
15髙橋 るみまとめ課題を予習しておくこと
ノート整理や演習問題を解き復習すること
240
教科書
人工臓器イラストレイテッド(日本人工臓器学会編.はる書房.2007)
参考書
臨床工学技士標準テキスト第3版(金原出版株式会社)
備考
なし