医用機器安全管理学実習

科目ナンバリング
1110441669

担当者
○相澤 康弘・高橋 るみ

 
常勤
教員研究室
1205 1121
DP
3,4
配当年次
3年次・後期
授業形式
実習
授業時間
45時間
単位
必修 1単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション □実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

電気的安全性の点検の定量的な評価方法及び各種チェッカを用いた保守点検を学ぶ。


【学習の到達目標】

基礎的なME機器の保守点検法について計測機器を利用した実際的な点検を行う。


【成績評価方法】

グループで行う実習となるので協力して行う。レポート提出は1週間後とする。

【課題等のフィードバック方法】

必要に応じて再実習を指示、レポート内容の不備については速やかに修正を指示する。


【履修上の注意・予習・復習について】

白衣、シューズ等身だしなみに注意する。また筆記用具、電卓等の準備を忘れないこと。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

ME機器の操作および保守点検は、学内実習を医療現場で活かせる技術を学ぶことができる。
医療機器メーカ、そして臨床工学技士として医療現場で勤務した経験から、実際の装置の操作等について実習する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1相澤 康弘
髙橋 るみ
ガイダンスレポート等について-
2相澤 康弘
髙橋 るみ
接地線の抵抗およびコンセントの保持力測定接地線の抵抗とコンセントの保持力および電源について-
3相澤 康弘
髙橋 るみ
トランスの漏れ電流測定電源トランスの特性-
4相澤 康弘
髙橋 るみ
漏れ電流測定回路(MD)の特性MDのインピーダンスおよび周波数特性-
5相澤 康弘
髙橋 るみ
ME機器の漏れ電流測定心電計の漏れ電流測定-
6相澤 康弘
髙橋 るみ
ME機器の保守点検除細動器および体外式ペースメーカ-
7相澤 康弘
髙橋 るみ
ヒューマンエラーによるME機器の事故対策事例をもとにしたグループディスカッション-
8相澤 康弘
髙橋 るみ
ヒューマンエラーによるME機器の事故対策事例をもとにしたグループディスカッション-
教科書
臨床工学講座 医用機器安全管理学第2版 医歯薬出版
参考書
MEの基礎知識と安全管理(南江堂)
臨床工学講座 医用治療機器学
備考