臨床医学総論Ⅲ

科目ナンバリング
1110441685

担当者
佐藤 秀隆

 
常勤
教員研究室
1316
DP
3
配当年次
3年次・前期
授業形式
講義
授業時間
30時間
単位
必修 2単位


アクティブ・ラーニング

□協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 □ディスカッション・ディベート
 □グループワーク □プレゼンテーション □実習・フィールドワーク ☑該当なし

【授業内容】

臨床工学技士の業務において重要な呼吸・循環器病学について学ぶ。本講義では感染性肺疾患、閉塞性肺疾患、アレルギー・化学物質・環境汚染による肺疾患、間質性肺疾患、肺血管性肺疾患、呼吸器腫瘍、呼吸不全などについて、また、心臓病や血管疾患について学び、それら疾患の内科的治療法や外科的治療法を学ぶ。


【学習の到達目標】

臨床工学技士が臨床現場で遭遇する機会の多い呼吸器疾患について説明できるようになる。また、心臓病、血管病について手術法や内科的治療法について説明できるようになる。


【成績評価方法】

出席80%以上で期末試験受験可能。平常点10%、期末試験90%で評価する。

【課題等のフィードバック方法】

適宜レポートなどを課す。


【履修上の注意・予習・復習について】

授業内容にあたる項目は予習してくること。受講後は復習をすることで記憶を定着させるように努めること。
携帯使用、私語、飲食は禁止。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

臨床工学技士として関わる機会の多い呼吸器疾患や循環器疾患について学ぶことができる。
医師として臨床現場で長年勤務し、その知識と経験から科目を担当する。

授業計画

担当教員学習内容学習課題・必要な学習時間/予習・学習時間時間(分)
1佐藤 秀隆感染性肺疾患1かぜ症候群、細菌性肺炎、マイコプラズマ肺炎240
2佐藤 秀隆感染性肺疾患2インフルエンザ、肺結核、非定型抗酸菌症、肺真菌症240
3佐藤 秀隆肺疾患(その他)アレルギー・化学物質・環境汚染による肺疾患240
4佐藤 秀隆呼吸不全1慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息240
5佐藤 秀隆呼吸不全2間質性肺疾患、肺血管性肺疾患240
6佐藤 秀隆呼吸不全3呼吸促拍症候群(ARDS)、慢性呼吸不全、その他240
7佐藤 秀隆その他の呼吸器疾患胸膜疾患、腫瘍性肺疾患、嚢胞性肺疾患、その他240
8佐藤 秀隆呼吸器病学のまとめ呼吸器病学のまとめ240
9渡邊 隆夫心臓病学1先天性心疾患240
10渡邊 隆夫心臓病学2弁膜疾患240
11渡邊 隆夫心臓病学3虚血性心疾患、不整脈、その他240
12渡邊 隆夫脈管学1血圧異常、動・静脈疾患240
13渡邊 隆夫脈管学2リンパ管疾患、外傷240
14渡邊 隆夫心血管系疾患の治療外科的・内科的治療240
15渡邊 隆夫循環器病学のまとめ循環器病学のまとめ240
教科書
内科学第1版(浅野嘉延編、南山堂)
参考書
臨床工学士標準テキスト第3版増補
備考
メディカルスタッフのための内科学(伊藤進、森博愛編著、医学出版社)がいいと思う場合はこれでもOKです。