インターンシップ

科目ナンバリング
1110741695

担当者
○牧野 正三・臨床工学科全教員

 
常勤
教員研究室
1424
DP
2,3,4
配当年次
1・2・3・4年次・通年
授業形式
演習
授業時間
30時間
単位
選択 1単位


アクティブ・ラーニング

☑協定等に基づく外部機関と連携した課題解決型授業 ☑ディスカッション・ディベート
 ☑グループワーク ☑プレゼンテーション ☑実習・フィールドワーク □該当なし

【授業内容】

臨床工学の修得、開発・研究に関連するインターンシップに参加し、臨床工学の先端技術、社会人としてのマナー、仕事の進め方、グループ内のコミュニケーション方法等を学ぶ。40時間以上受講し、レポートを提出することによって単位を認める。


【学習の到達目標】

インターンシップ受け入れ機関が定める目標に到達し、かつ各機関が定める期間活動すること。


【成績評価方法】

インターンシップの報告書、成果等を基に評価する。

【課題等のフィードバック方法】

インターンシップの報告書を採点し、意見を付して返却し、それを基に意見交換を行う。


【履修上の注意・予習・復習について】

インターンシップ受け入れ先は就職センター、公的機関等での募集を基に自力で見つけること。本講義として履修する場合は、インターンシップを行う前にインターンシップ履修届を担当教員まで提出し、終了後速やかにインターンシップ実施報告書を担当教員に提出すること。


【受講して得られる効果・メリット、その他】

先端技術、社会人としてのマナー、仕事の進め方、グループ内のコミュニケーション方法等を習得できる。

授業計画

臨床工学の修得、開発・研究に関連するインターンシップに参加し、臨床工学の先端技術、社会人としてのマナー、仕事の進め方、グループ内のコミュニケーション方法等を学ぶ。40時間以上受講し、レポートを提出することによって単位を認める。インターンシップ開始前に組織の仕組み、仕事の進め方、安全対策、心構え等を講義する。
教科書
インターンシップ受け入れ先の指示による。
参考書
インターンシップ受け入れ先の指示による。
備考
なし