FPR PEOPLE AND FOR THE WORLD 人のため、 世のため

scroll

文化は、寝て起きること、食べること、遊ぶこと、働くこと。人間のいとなみそのもの。
それが、ままならなくなって 初めて人も世も、その尊さに気づき、何かに守られていたことを知る。
東北文化学園大学大学は、文化を守る人、つくる人を育てる場所。
医療・福祉の学びでは、『人のため』。
社会学科、工学の学びでは、『世のため」。
私たちは役立つ人になる。
世の中をちょっと良くする総合大学、東北文化学園大学。
2021年、私たちは進化する。その先も、ずっと変わり続ける
ここで、共に文化を守っていこう。ちょっとずつ、良くしていこう
輝ける者として

東北文化学園大学で学べるコト

東北文化学園大学はこの春、
現代社会学部、経営法学部を加え、
医療・福祉・工学を交えた、
新たな総合大学となりました。
一見、異色の組合せのようですが、
全ての学部が共通して目指すのは、
「誰もが安心して、
共に生きることのできる社会」。

それぞれの知識を共有し、
学びを深められるのも総合大学ならでは。
東北を、日本を、世の中を
ちょっと良くしていくために、
共に学んでいきましょう。

世の中を観察し、 社会問題を解決に導く

現代社会学部 [現代社会学科]
社会学専攻/社会福祉学専攻

法の知識と経営スキルで、 社会を活性させる

現代社会学部 [経営法学科]

社会システムを支え、 環境を創り、生命を守る

工学部 [知能情報システム学科]
[建築環境学科]
[臨床⼯学科]

助けを必要とする、 一人ひとりに寄り添う

医療福祉学部 [リハビリテーション学科]
理学療法学専攻/作業療法学専攻
⾔語聴覚学専攻/視覚機能学専攻
[看護学科]

ちょっと良い会社につながる各学部での学び

  • 現代社会学部

    世の中を観察し、社会問題を
    解決に導く

  • 経営法学部

    法の知識と経営スキルで、
    社会を活性させる

  • 工学部

    社会システムを支え、
    環境を創り、生命を守る

  • 医療福祉学部

    助けを必要とする、
    一人ひとりに寄り添う

東北文化学園大学ならではの学び

全学共通教育

⽣涯役⽴つ「能動的な学びの
スタイル」の基礎をつくる

初年次教育

全学共通のコンセプト アクテブラーニング 複数科目の組み合わせ学修 伸ばす力

基礎⼒(⾔語スキル、数量スキル、情報スキル)
思考⼒(論理的・批判的思考⼒、
問題発⾒・解決⼒など)
実践⼒(⾃律的活動⼒、⼈間関係形成⼒)

自ら課題を見出し、自身の考えと他者の考えをすり合わせながら最善の「解」を導き出す、能動的な力を育みます。「人のため、世のため」と考える東北文化学園大学ならではのコンセプトのもと、グループワーク・ディスカッション・プレゼンテーションなどの“アクティブラーニング”と“複数科目の組み合わせ学修”を通して、主体性やコミュニケーション力など様々な能力を伸ばしていきます。

学びの入口として、
各学部の中心的な課題を取り上げる

社会学科系 現代社会を視る 人間文化探求 工学系 生活の中の学科 医療・福祉系生命を考える

豊かな人間性と、生涯にわたる学ぶ姿勢と考える力を育むため、「総合大学」の特色を活かした教養教育が行われます。学部を超えた複数の教員チームによるサポートのもと、医療系の「生命(いのち)を考える」人文社会学系の「現代社会を視る」工学系の「生活の中の化学」そしてそれらをつなぐ「人間文化探究」と総合大学の特色を活かして“俯瞰的な視野”を養います。また、大学で学ぶ専門領域と、被災地における人と地域の再生・復興との関わりを考えるプログラムも用意されています。

多職種連携教育

他学部・学科とつながる

複数の学部・学科を有する「総合大学」というメリットを活かし、多彩な専門分野を専攻する学生たちが、意見を交わし学び合うことができます。互いの専門領域の理解を深め、尊重し、協働することで、世の中に対する新しい価値が生まれることが期待されます。

新・IPE教育プログラム

“医療現場でそれぞれが持つ専門スキルを融合し、患者さんの1日でも早い回復を目指す人材”を育てるため、2009年から共通教育として始まった、学生たちが同じ場所で互いのことを学び合う「IPE教育(Inter-professional Education)」。2020年度よりさらにバージョンアップして展開されています。

Point 1
専門職連携セミナー

例えば「糖尿病などいくつかの慢性疾患を抱えながら、自営業でお店を経営し続けるためには?」というケースに対し、看護・リハビリ・福祉・医用工学を学ぶ学生たちが、チームで医療的ケアプランの最善策を模索する。このような、連携・実践的な学びが行われます。

Point 2
9つの医療福祉専門職を養成

看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・社会福祉士・精神保健福祉士・臨床工学技士といった9つもの医療職を養成、将来へ向けてその道が開かれます。

Point 3
1年次から4年次まで段階的に学ぶ

一人の患者さんのための最善の医療的ケアを、多角的にアプローチするチーム医療。高度な医療の知識と技能の裏には、しっかりとした基礎学修が何よりも大切です。そのため、段階的に確実に、知識技能を身につけるカリキュラムを展開しています。

実践⼒養成

実践が学びを深める

様々なバックグラウンドを持つ教員たちの豊かな経験に基づいた講義に加え、フィールドワークとして「実地体験」や「臨床実習」の機会を豊富に取り入れています。実践的な経験が学びをより深め、社会の様々なシーンでプロとして活躍するための素地がつくられます。

実地体験教育

異文化交流を目的とした海外研修では、現地の人々との交流を通して社会の多様性への理解を深めます。帰国後、価値創造をテーマとしたビジネスプランの立案など、その経験を活かしたワークに取り組むことで、さらなる成長につなげていきます。

臨床実習

医療系の過程では、2年次より医療機関での臨床実習に取り組みます。各年次の学びに沿って2~10週間と実習期間や内容も深さを増し、多くの学生たちは現場の経験を通してその責任の大きさを受け止め、大きく成長していきます。

コンペティション

複数の大学が競い合う「建築設計コンテスト」に積極的に参加。アイデアの検討、現地調査など実際の行程をいくつも経験することで自身の成長が促されます。作り込んだ作品は、JIA東北建築学生賞では11年連続入賞を果たし、東北でトップクラスの実績をあげています。

オープンキャンパス

学びの舞台=東北文化学園大学をもっとよく知るなら、
オープンキャンパスへ!
志望する学科や学生生活、めざす資格や専門職について、
理解を深めることができるイベントが盛りだくさん。
「来て!見て!聞いて!」
東北文化学園大学を体感してください!

  • 先輩学生スタッフも待ってるよ!
  • 高校1・2年生、保護者の方も大歓迎!
  • 学科・専攻紹介

    どんなことを学んで、どんな社会人を目指すのか?学習の流れなどを踏まえ解説

  • 研究室紹介

    各学科の研究室を、教授たちの優れた研究成果とともに紹介

  • 体験模擬授業

    実際に大学で行われる希望学科の授業を、簡易版で一足早く体験

  • キャンパスツアー

    学生スタッフが広いキャンパス内を、実験室や実習室の紹介も含め案内

  • 個別相談会

    入試・奨学金・就職・大学生活などについての個別相談に対応

“スペシャル動画配信”“オンライン相談会”などを
webで体験できる
「WEBオープンキャンパス」も随時開催!

read more