東北文化学園大学

お問い
合わせ
資料請求 入試情報
総合政策学部は次のステージへ
経営法学部
※2021年4月総合政策学部から名称変更予定
法律の知識に基づいた
経営スキルと国際センスを学び、
東北を新たなステージへ
震災後の復興、発展及び人口減少、IT化の進展、地域格差、グローバル化と大きく変化する時代に、企業や行政の現場で中核となる人材を育成します。
経営法学部の概要
これまで多くの学生たちを輩出してきた総合政策学部は、法学及び経営学を中心とした社会科学及びそれに関連する人文科学などの分野を総合的に学び、研究する学部へとステップアップします。変化を先取りする先見性、自立した事業運営力、地域活性化に資する情報収集・分析・発信能力、国際社会で活躍する能力を持った人材の養成を目指します。
経営法学部の概要
経営法学科※2021年4月総合政策学部から名称変更予定
法律的視点を持ち、地域に貢献する企業人や公務員をめざす
グローバルで指導的な人材育成を目的に取り組む「グローカルリーダープロジェクト」。 学生が仲間を募って授業外で協働しながら地域の実態把握や課題解決に取り組み学ぶ「フロントランナープロジェクト」。 実現場に赴き、現地の人々と触れ合い、実地調査・分析を行い、その土地にある諸問題の解決を探る「ディープフィールドプロジェクト」。 この3つの取り組みをはじめ様々な教育プロジェクトを用意しています。

経営法学科の強みとは?
  • 法律を学ぶ
    法律は社会を動かす基本的なルールです。民間企業でも行政機関でもそれは変わりません。本学科では憲法や刑法といった主に公的機関に関わる法律から、民法や会社法といった主に経済活動に関わる法律まで、幅広い分野で学ぶことができます。
  • 経営・経済を学ぶ
    経済学・経営学・経営戦略・マーケティングなど経営・経済に必要な知識を、基礎理論から応用まで体系的に学びます。会社法などの経営に関連する法分野との関係性を考慮しつつ実践的な知識を身につけていきます。
  • 地域社会を学ぶ
    東北地域の状況に目を向け、法律や経営の知識を活かして地域課題の解決策を見つけていきます。知識を机上の空論ではない活きたものにするため、実践の場として農村部・都市部それぞれ地域に即した様々なフィールドワークを展開します。